•   ミクロガードスタンダードお客様アンケートで一番欲しい色No1 グレー   ミクロガードスタンダードお客様アンケートで一番欲しい色No1 グレー
  •   ダニ博士動画一覧   ダニ博士動画一覧
  •   ミクロガードプレミアム3点セット。売れています!   ミクロガードプレミアム3点セット。売れています!
  •   セミオーダーメイド   セミオーダーメイド
  •   ミクロガードを使った布団シリーズが新登場。ダニを入れない、出さない、増やさない。   ミクロガードを使った布団シリーズが新登場。ダニを入れない、出さない、増やさない。
  •   ミクロガードスタンダード。微細なダニの死骸や糞までも対策できる、スタンダードモデル。   ミクロガードスタンダード。微細なダニの死骸や糞までも対策できる、スタンダードモデル。
  •   ミクロガードプレミアム。微細なダニの死骸や糞までも対策できる、ハイエンドモデル。   ミクロガードプレミアム。微細なダニの死骸や糞までも対策できる、ハイエンドモデル。
  •   for Healthy Sleep 安心と信頼の防ダニ寝具。ブランドとして28年以上。   for Healthy Sleep 安心と信頼の防ダニ寝具。ブランドとして28年以上。
 

ブログ

梅雨前にダニ予防・対策を!

梅雨前にダニ予防・対策を!


2022.05.31ミクロガード 専門店担当


国民の2人に1人が何らかのアレル物質に悩んでいると言われています。 春先などの花粉のような季節性のアレル物質の他に、通年性と呼ばれる年間通して存在するアレル物質があることを御存知ですか?実はそのほとんどがダニ、更にいうとダニのフンや死骸なのです。このダニのフンや死骸が、乾燥し粉々になり、さらに微細な物質になって空気中に舞い上がり、呼吸を通して人の体に入り、健康的な生活や健やかな睡眠を阻害する場合があるのです。
image1
1. 布団はダニが大好きな住処
image2
布団はダニが大好きな住みかです。布団にダニが棲みつく理由は布団がダニの繁殖の条件を満たしているからです。
●繁殖に必要な食糧が豊富にある
ダニの主食は、主に髪の毛やフケ、アカ、食べカスなどです。フケやアカは人間の新陳代謝によって毎日のように自然に皮膚からはがれ落ちるものですし、 寝ている間に身体や頭をかくことで、布団やシーツ、マットレスにフケやアカが落ちています。
●布団は繊維が密集しており隠れやすい
ダニは外敵から身を守りやすい環境を好みます。その点、布団は繊維が密集しているため、身を隠すには絶好の場所です。 冬場の季節の毛布や羽毛布団などはもちろんの事、夏のタオルケットなども実はダニにとって隠れやすい環境となります。
●快眠環境=快適空間
ダニは温度20~30度、湿度60~80%の高温多湿の環境を好みます。対して人間の夏の快眠環境は、温度26度前後、湿度60%前後と言われています。 人間にとって快適に睡眠がとれる環境や空間は、ダニにとっても居心地がいい環境なのです。


2. 梅雨前の今のうちに布団をダニの住処にしない
高温多湿の環境を好むダニにも弱点はあります。それは、60℃以上の高温と40%以下の低湿度です。この弱点を突いて布団をダニの住処にしないようにしましょう。
image3
●乾燥機・布団乾燥機を活用
衣類用の乾燥機なら、乾燥機の高温でダニを死滅させることができると言われます。。特にコインランドリーにある高温乾燥機は、80度から120度で加熱します。 60度以上でダニは死滅すると言われているので、コインランドリーの乾燥機を使用することで高いダニ駆除効果が期待できます。 ただし羽毛布団は羽毛が傷む場合があるので、乾燥機を使う場合は事前に洗濯表示などを確認してから乾燥機を使用することがオススメです。 ご家庭では布団乾燥機もダニ駆除に役立ちます。ただし、布団乾燥機をするときにもコツがあります。ダニが布団の裏側に逃げないよう布団を布団乾燥機にくるむようにし、 その上からさらに布団をかけて布団乾燥機による熱が逃げないようにすると効果的です。
●掃除機でダニのフンや死骸をしっかりこまめに吸い取る
乾燥機や布団乾燥機で、高温でダニを死滅させたらそれで完了ではありません。 布団や枕カバーなど寝具にはダニのフンや死骸などが残っています。必ず掃除機で吸い取るようにしてください、その際は、一つ一つの場所をゆっくりと時間をかけて吸い取るようにするのがベスト。 掃除機で吸い取るときには掃除機の排気口を布団に向けないようにしましょう。 ホコリが排気口から舞い散って、せっかく掃除機で吸ったダニのフンや死骸が再び付着してしまいます。 また、掃除機で吸い取る前には中のフィルターの掃除をしてから使用するようにしておくこともお忘れなく。 衛生的に、そして効率的に作業するために、掃除機をかけるときには、布団専用ノズルを使用することがベストです。
●クリーニング屋さんの布団クリーニングを活用
前述のとおり、皆さんご自身で対策するのが面倒と言う方には街のクリーニング屋さんの布団のクリーニングサービスがオススメです。業務用の乾燥機などで丸洗いと高温乾燥ができます。


3. 日々の生活からダニを増やさないように

ダニの駆除も大切ですが、日々の生活からダニが住みにくい環境作りを心掛けることが、駆除した後にまたダニを増やさないために必要です。そのためには下記を気を付けてみましょう。
image4
●こまめに布団に掃除機をかける
こまめに掃除機をかけてアレル物質となるダニのフンや死骸、卵などを寝具から取り除くことも大切です。特に季節の変わり目や日々の生活の中で寝具を押入れにしまう前や、押入れから出して使用する前に掃除機をかけるのは必須にするようにしましょう。
●時々丸洗いする(クリーニングに出す)
前述しているような寝具(布団)を定期的に丸洗いするようにしましょう。掃除機をかけるのと同様で特に季節の変わり目で寝具の入れ替えを行う押入れから出した時や、押入れにしまう前に、一度丸洗いをすると、ダニのフンや死骸、卵などを洗い流すことができます。
●シーツやカバーをこまめに洗う
布団の表面にダニが増えるのを防ぐために、シーツやカバーをこまめに洗いましょう。特にペットを飼っている方は頻繁に洗うことをおすすめします。一週間に1回が目安です。
blog200526_image5
●防ダニ布団や防ダニカバーを使用する
防ダニ布団や防ダニカバーもダニを防ぐのに有効です。ダニなどのアレル物質の他に、ホコリなどさまざまなハウスダストを対策したい方にもオススメです。
●換気をよくして部屋の湿度を下げる
特に湿度が高くダニが繁殖しやすい梅雨時には十分注意し、換気するようにしましょう。湿度が高いときには、 窓を開けるなどの換気が出来ないときは除湿機を使用するなどして湿度を下げるように気をつけましょう。
●部屋の掃除をこまめに
部屋の中にあるホコリには、実はダニのフンや死骸が混在していて、アレル物質となります。。掃除機やハタキなどはホコリを巻き上げるのでなるべく使用せず、固く絞った雑巾や掃除用ワイパーなどで静かに取り除くなどの掃除をこまめにするようにしましょう。なかなか目につかない寝室の家具の裏も忘れずに掃除しましょう。
blog200526_image5
●カーテンも実はダニが住んでいることも
実はカーテンにもダニが住みついていることがありますのでカーテンも洗濯機でこまめに洗濯し、乾燥させることをオススメします。
●洗濯物を部屋干ししない
洗濯物を部屋干ししている人は多いのではないでしょうか?でも洗濯物を部屋干しすると部屋の湿度が上がってしまいます。できるだけ乾燥機を使用するようにして部屋の湿度を上げないようにしましょう。 どうしても部屋干しをする際には除湿機を使用したりするなど部屋の湿度が上がらない工夫をするようにしましょう。


年間通して存在するアレル物質のダニを予防・対策をすることでご自身そして家族の健康を守ることにも繋がります。食事などの健康管理などと併せて家族の健康にダニ予防・対策もするようにしましょう。


ブログ一覧

布団の花粉対策(ブログ)

2022.05.09ミクロガード 専門店担当


春になるとやってくる花粉。くしゃみや鼻づまり、目のかゆみなどに悩まされる方もたくさんいらっしゃるかと思われます。
普段からマスクや眼鏡のような身につける予防アイテムだけでなく、寝具の花粉対策も大切です。
image1
夜ベッドに入っても鼻がグズグズ。寝つけない、寝苦しい、夜中に目が覚めてしまう。そんなツライ思いをしたことがありませんか?
花粉が原因で、睡眠の質を低下させてしまうことがあるそうです。鼻がつまると、鼻から息を吸い込みにくくなり、寝苦しさを感じる場合があり、結果、眠りも浅くなってしまい、深い睡眠に入れなくなるのだと言います。
こうしたことから、慢性的に睡眠不足が引き起こされ、日中も眠気がある、集中力が続かないなど、眠っているとき以外の活動のパフォーマンスが低下する可能性があるのです。


1. 布団を干す日は選びましょう
image2
布団を干すと湿気が取れてふかふか気持ちがいいもの。でも、花粉の季節は干す日を選びましょう。
花粉飛散予報をチェックし、飛散量の少なくて、お天気の良い午前中に干すようにしましょう。
干すこと自体に抵抗がある場合は、布団乾燥機や布団クリーナーで布団のお手入れをすることをおすすめします。


2. 寝室に花粉を落ち込まないように注意しましょう

対策例をご紹介します。
・衣類や布団を持ち込む時は十分に花粉を払う
・花粉飛散量の多い時は窓や戸を閉める
・換気の際は、窓を小さく開けて短時間に行う
・外出時に着ていた服やバック等は寝室に持ち込まない
・空気清浄機を使用する
・花粉を吸着する壁紙やカーテンを使う


3. 花粉対策用の布団カバーを使いましょう

いろいろなタイプがあります。
・高密度織りの生地を採用し内部まで侵入させない
・生地に凹凸を作らずに平にすることで払い落としやすい
・花粉を吸着し分解する


まとめ

布団の花粉対策には、3つがあります。
1. 布団を干す日を選ぶ
2. 花粉を寝室に持ち込まな
3. 花粉対策用の布団カバーを使う


花粉シーズンもぐっすり眠り、日常生活で本来のパフォーマンスをしっかり発揮できるように対策をしていきましょう。


ミクロガード(R)プレミアム は、静電気防止効果で花粉がつきにくく落ちやすい寝具カバー
⇒花粉だけでなく、ダニのフンや死骸などの微細なアレル物質も高確率に遮断、高機能でしっかりケアしたい方におすすめ♪

ミクロガード(R)スタンダード は、ソフトな肌触りでムレにくく、花粉を通さない寝具カバー
⇒ダニを内部に入れず、ホコリも出ないので快適な睡眠環境をサポート♪

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

<お盆期間中の営業について>

2022/8/11-2022/8/15まで休業となります。
8/10-8/15の期間中にご注文いただきました商品に関しては、8/16以降順次発送いたします。

お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

ページトップへ